映画とドラマに沼る主婦

youtubeチャネル開設しました。登録よろしくお願いします。がんばります!

釜山の風景が織りなす感動の舞台 - 『ただ愛する仲』のロケ地巡り

韓国ドラマ『ただ愛する仲』は、感性ラブストーリーとして2005年のショッピングモール倒壊事故を舞台に、釜山の美しい風景が印象的に描かれています。ここでは、ドラマの中で重要なロケ地となった釜山の場所を詳しく紹介します。

1. デパートの倒壊事故の現場 - 釜山駅周辺

ドラマでは、感動と悲劇が交錯するデパートの倒壊事故の場面が印象的です。これは、釜山の中心部に位置する「釜山駅」の近くに実際に存在します。ガンドゥとムンスの家族がこの場所で出会い、運命が交わります。

2. 海雲台の海岸 - 海雲台駅周辺

ロマンチックな初対面の場面が繰り広げられた海雲台の海岸は、釜山の東部に位置する「海雲台駅」から歩いて行ける距離にあります。ガンドゥがムンスを救う場面や、ドラマのオープニングで使われた風光明媚な場所です。

3. ムンスの家 - 甘川洞文化村

ムンスの住む家は、「甘川洞文化村」に位置しています。この場所は、釜山の西部にあり、色とりどりの壁画やオブジェが彩りを添える文化村内に配置された特徴的な家が登場します。この家がドラマのポスターにも使用され、視聴者に印象的な風景を提供しています。

4. ガンドゥの家 - 鶴梁洞

ガンドゥの家は、「鶴梁洞」にあります。釜山の南部に位置するこの場所からは、美しい夜景が広がります。ガンドゥとハルモニ(ナ・ムニ)の心温まる生活が描かれ、家から見える夜景がドラマに彩りを添えています。

釜山の風景は、ドラマに深い感動と共に登場し、物語に一層のリアリティを与えています。『ただ愛する仲』の魅力は、感性ラブストーリーと共に描かれる釜山の美しい風景にもあります。ドラマを通じて、釜山の魅力を感じながら、感動的なストーリーに浸ってみてください。